ダイエット・快眠健康術

健康はダイエットと快眠を目指しながら手に入れるのが一番効果的です。楽しんで 学べるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

40代 ダイエットを成功させる為にゆっくりご飯を食べましょう

40代 ダイエットを成功させる為にゆっくりご飯を食べましょう


健康法 ブログランキングへ


子供の頃からどちらかと言うと早くご飯を食べなさいと言われて育った人が多いと思います。

子育ての大変さを考えた場合、当然だなと改めて思うわけですが…

早く食べることが当たり前になってしまうとゆっくり食べることができなくなってしまいます。

口に食べ物を入れたら「早く飲み込みたい」という気持ちわかりますよね。

実際、早食いは食べる時間の短縮以外、身体にとって良い事は1つもないようですよ。

そこには、まず3つの太ってしまう原因が生まれます。

①胃腸への負担がかかりやすい

②消化不良になりやすい

③満腹感を感じる為に量を詰め込む

まとめるとイメージはまさに暴飲暴食に近くなります。

それは消化をするために酵素を無駄遣いする事にもつながり、当然、代謝も悪くなるわけじゃないですか。

消化不良になるという事は未消化の状態で栄養が吸収されることにもつながっていくことや、とにかく量の問題は太る要因として決定的です。

実際、早食いが良くない理由をあげたら際限がありません。

それではゆっくり食べる為に抑えたいツボを検討してみましょう。

①食べ始めから目標20分以上と決めて食べてみる。

私たちは脳の視床下部にある満腹中枢が受ける刺激によって満腹感を感じます。

ここには血糖とレプチンというホルモンが関わっています。

食事をすると血糖値が上がることと食後20分ぐらい経過すると脂肪細胞からレプチンが分泌されることで満腹中枢が刺激されるのです。

食べ始め20分間の食べる量を抑えることができれば単純に食欲もその時点から抑えることができると考えられます。


②よく噛んで食べる。

早く食べた場合とゆっくり噛んで食べた場合、実際の実験データによると食後90分間に消費するエネルギーは26倍もの差ができたようです。

ゆっくり噛んで食べることによって胃から腸にかけての血流がよくなることや消化もしやすくなるのでエネルギー代謝も良くなるのでは?と言われています。

効果性を考えてよく噛む事はオススメです。

基本はこの上記2点が成り立つようにいかに工夫をするのか?にかかっていると思います。

どうしたら時間をかけて食べることができるのか?

どうしたらよく噛んで食べることができるのか?

一度、この2点に集中して工夫をし、食事をしてみたらいかがでしょうか?


↓こちらをクリックして頂けると 大変励みになります。ご協力おねがいします。

健康法 ブログランキングへ






関連記事
[ 2017/01/01 18:28 ] 40代 ダイエット成功 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ハリー

Author:ハリー
↓こちらをクリックしていただけると大変励みになります。ご協力お願いします。

健康法 ブログランキングへ


初めまして、ハリーと言います。

二年前は全く健康に興味なく体に悪いことも抵抗感なくしていました。

タバコも吸ってましたし、体重も今より7キロくらい太っていました。

それが、あるセミナーをきっかけに健康に対して関心を持ち それを実践することで本当に気持ち良く過ごせたり いろいろなものに対して余裕が生まれました。

その後、今ではスッカリ”健康オタク”健康の奥深さに魅了されています。

自分が学んだこと、体験したことなど健康に対して皆様のお役に立てるようこのブログを開設しています。

メールフォーム
お問い合わせ、相互リンク・広告掲載のご依頼は、以下のメールフォームからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
ハリーRSS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。