ダイエット・快眠健康術

健康はダイエットと快眠を目指しながら手に入れるのが一番効果的です。楽しんで 学べるブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

快眠で脳と体をしっかり休めよう。

快眠で脳と体をしっかり休めよう。


健康法 ブログランキングへ

快眠できたか?できなかったか?は何が基準なのかわかりませんが、個人的には、「はーよく寝たなぁ」そんなふうに感じるとき、快眠できたのではないかと思っています。

睡眠不足になると明らかに体のキレが悪くなるのを感じることができます。

a0002_008006.jpg

また、頭の働きも悪くなり思考能力が鈍ります。


実際に実験で徹夜をすると簡単な判断に要する時間がビール大瓶1本分飲んだ状態に匹敵するほどかかるということが確かめられているほどです。

確かに学生時代に徹夜で勉強をしたら、翌日ろれつが少し回りにくかったと感じたこともありました。

それほど睡眠は私たちの日常生活に大きく影響を及ぼすものと考えることができます。

良い睡眠をとるにはどうしたらよいのでしょうか?

実は私たちの睡眠には2種類あると言われています。

ノンレム睡眠とレム睡眠です。

ノンレム睡眠は脳を休め、レム睡眠は体を休めます。

レム睡眠では眼球が急速に動いているのですが、それ以外は筋肉が弛緩状態にあり体はほとんど動きません。

しかし、脳は覚醒状態にあるのです。

なので夢を見ている状態の時はレム睡眠だと考えられます。

それに対してノンレム睡眠は 驚くことに体の緊張が保たれているのです。

そして副交感神経が優位な状態で心拍数も低くなります。

眠りの中で脳を休める時間帯を持つのは理由があります。

a0002_010355.jpg

人間は常に脳を使って様々なことをしているので体重の重さが約5%なのに対し基礎代謝は20%も占めているのです。

魚が眠っているときは常にレム睡眠だと言われています。

脳の進化に伴って脳を特別的に休めるためにノンレム睡眠は必要不可欠といえます。

ノンレム睡眠で深い睡眠が取れないと昼間体験した嫌な記憶が解消されず、さらに心の疲れが取れません。

一定時間以上、睡眠時間が取れないと朝方に向けレム睡眠が長くなっていきますが記憶の定着ができないという結果を生みます。

様々な意味で私たちの体は質の良い睡眠と適切な睡眠時間が求めています。

良い睡眠ができるよう心がけていきたいものです。

↓こちらをクリックして頂けると 大変励みになります。ご協力おねがいします。

健康法 ブログランキングへ
関連記事
[ 2016/11/24 14:33 ] 快眠・睡眠 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ハリー

Author:ハリー
↓こちらをクリックしていただけると大変励みになります。ご協力お願いします。

健康法 ブログランキングへ


初めまして、ハリーと言います。

二年前は全く健康に興味なく体に悪いことも抵抗感なくしていました。

タバコも吸ってましたし、体重も今より7キロくらい太っていました。

それが、あるセミナーをきっかけに健康に対して関心を持ち それを実践することで本当に気持ち良く過ごせたり いろいろなものに対して余裕が生まれました。

その後、今ではスッカリ”健康オタク”健康の奥深さに魅了されています。

自分が学んだこと、体験したことなど健康に対して皆様のお役に立てるようこのブログを開設しています。

メールフォーム
お問い合わせ、相互リンク・広告掲載のご依頼は、以下のメールフォームからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新コメント
ハリーRSS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。